プロフィール

トレーナーになったきっかけ

中学の時の先生の知人が、「日本代表選手の靴を作っている」という話を聞き
私は非常に興味を持ち、スポーツの研究者になるため、理系の道に進みました。

大学では様々な物理や流体力学などを学び、就職活動では、有名なスポーツメーカーを受けたのですが、残念ながら内定をもらうことができませんでした。

それでも、「スポーツに関わる仕事がしたい」という思いは尽きることはなく、考えぬいた結果
「教える側になろう」と決め、トレーナーの専門学校へ通い直しました。
そして今の指導者の道へ入っていきました。

トレーナーとしてスタートを切ったけど…

一番はじめに、インターンのような形で大学の陸上部へ指導に行ったのですが

学校で学んだ技術や知識だけでは、現場ではなかなか通用しませんでした。

「どうしよう、どうしよう」と焦りまくって、冷や汗だらけになったこと。
今でも忘れられません。

「指導者として、このままじゃやばい」っていうのを痛烈に感じましたね。


あと、技術の面ではなく、仕事という面では、集客ということに困りました。
地元ではない東京で、知り合いもいるわけではないので、一から全てを作っていかないといけない状況だったので、相当苦労はしました。

ターニングポイントとなったのは「自分の身体で試す」こと

技術に関しては今でもそうですが
【全部自分の身体で試す】
というのを自分の中での絶対ルールにしています。

トレーナーを始めた当初は、色々なセミナーを受けまくっていました。
ただそれをそのままお客さんに指導したことは一度もありません。

必ず自分で自分の身体に施して、理論や実際を体感して、自分で納得してからでないと指導の場では使いません。

それはやはり、最初の『学校の知識では現場では通用しなかった』という経験が、かなりきいていたからだと思います。

トレーニングを担当する場合、その競技の一流選手を研究するところから始めます。
その競技を自分でも行ない、動画を撮り比較し、違いは何かを分析し、また、自分で動いて動画を撮り、世界のトップ10、日本のトップ10の選手、あまりレベルの高くない選手も観て分析し、その上で、また仮説を立てます。

またさらに、自分で動いて動画を撮り、自分の体を変え、また研究して、、、というのを全競技でずっとくり返し、指導の精度を高めていくことを行う事により
「指導がうまくいくかな?」という不安を払拭してきました。

集客に関しても、指導の精度が高まるにつれ、選手が結果を出してくれるので、「何かやってるの?」と選手が聞かれることにより、クチコミが広がり様々な競技の選手がきてくれるようになりました。

選手のステージをより高みへ引き上げる

現在は多くのプロ選手などを指導させて頂いて、選手のプロ生活のお手伝いをさせてもらってます。
私は自分でもいい意味でお節介だと思っています。

選手の能力が上がるだけでは、正直面白くなくて

【選手の人生のステージが変わる】

という所に面白みを感じます。

プロ選手だったら日本代表へ
クラブチームの選手だったらその競技のプロへ
日本で活動しているなら活動の場を世界へ

というように人生のステージが変わることこそ、自分が指導している内容だと思ってます。

なので、私はよく

「プロになればいいじゃないですか?」とか
「世界にいけばいいじゃないですか?」とか
「日本代表なりましょうよ?」と結構簡単に言います。

最初選手も「いやぁ」とか「いやいや無理ですよ」と言っているんですけど、だんだん能力が上がってくると

「あれ、俺いけるかも」って変化してきます。

そしていつしか【世界に行きます!】というように人生のステージを変えようと動きはじめてくれます。

そこに私は非常に喜びを覚えるのです。

これといった明確な展望があるわけではないですが、スポーツの世界なので、やはり世界に羽ばたいていく選手の指導には力を入れて行きたいと思っています。

これからも、私に携わってくれる選手の一人でも多くの競技人生のステージを、より高みへ引き上げるように、指導して行きたいと思います。

鈴木善雅(Yoshimasa Suzuki)
1980年生まれ愛知県出身
関西大学工学部卒
業界ではあり得ない【競技の垣根を越えて指導を行う】指導者。
プロ野球、Jリーグ、プロテニス、プロボクシングなどなど 様々な競技のトッププロの指導を主として活動を行っている。
筋トレや体幹トレーニングなどの基礎能力向上の指導ではなく
その競技の【パフォーマンスアップそのもの】の指導を行います。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

  • カテゴリーなし